街中には本当に美味しいものがたくさん溢れていて、会社帰りにコンビニによる事が日課になっている人も多いのではないかと思います。

ちょっとスイーツが食べたいとかちょっとお菓子が食べたいとか…食欲に勝てない人って多いと思います。いや、大半の方が勝てないのではないかと(笑)

だってこれだけ飽食の時代ですよ、美味しい誘惑が多くて、これに打て勝てる人は相当な意志の持ち主だと言えるでしょう。ある意味、負けて当たり前です(笑)

しかし、美味しい食べ物はふんだんに糖分が使われていることが多く、あまりにも糖分過多になると、体にはあまり良くないんですよね。

一番怖いのは、肥満と、糖尿病です。

肥満はダイエットをすればそれなりに効果が出ると思いますが、一度、糖尿病になってしまったら、厄介なことになってしまいます。

成人病の代表選手のような病気なのですが、糖尿病を甘く見ては絶対にいけません。

糖尿病になると、あらゆる病気が治りにくくなり、糖尿病と言うよりも、糖尿病による合併症が怖いのです。

しかし、糖分の過剰摂取がいけないことはわかっていても、はっきり言うと、主食などにも豊富に含まれていますので、完全に糖分断ちをする事は難しいと思います。

また、完全に糖分をカットすると、ストレスも半端なくなりますし、イライラすることも多くなり、精神的にもあまり良くありません。

美味しいものには糖分は付き物だったりしますので、それを完全に断つと言うことは、美味しいものをほとんど食べることが出来ないような状況に近くなるんですよね(‘;ω;`)ブワッ

それはあまりにも辛い…。

ですので!そこまで自分を追い込まずに、いつもよりもちょっと糖分を減らす意識を持つようにするのが長続きするためのコツだと言えると思います。

例えば、コーヒーなどに砂糖を入れるときに、ダイエットシュガーを使うとか、二杯砂糖を入れているところを一杯にしてみるとか…そんなちょっとした工夫をするだけでも糖分はカットできたりするんです。

糖分を少しでもカットすることで身体は代わって来るものです。

体重減少にもなりますし、糖尿病の回避にも繋がります。

そして、ちょっと主食を減らして、その分、おかずを増やしたり、サラダを一品増やしたりすることで満腹感は満たされると思います。

まぁ…主食って美味しいですからね…それを減らしてサラダを増やしたりしても満腹感は得られても満足感は得られないってこともあるのですが…(><)

ただ、糖分過多になって、病院に通ったりしなくてはならなくなるよりも、良いと割り切ることも必要かもしれません。

その辺りに関しては、自分を追い込み過ぎてはいけません。

いつもよりも控えめに…これぐらいの感覚で慣れてきて、もうちょっとだけ減らせそうだと思ったときに更に、糖分の制限を行うようにした方が精神的にも楽に行うことが出来ます。

今は比較的安価なお菓子でも、非常に美味しくできていて、それを小さい頃から食べる習慣があり、小学生でも糖尿病になるパターンも少なくないようで、警鐘を鳴らしています。

ちょっと最近、太り気味だなとか、糖分過多だなと言う自覚がある過多は、是非、糖分摂取量を見直してみませんか。

それを見直すだけで健康指数グンと上がり、快適な毎日を送れるようになる可能性が高いですよ。